学会バンク ユーザー利用規約

学会バンク ユーザー利用規約は以下「本規約」といいます。
「学会バンク」は、マーカーネット株式会社がアプリまたはweb上で提供するサービス、以下「本サービス」といいます。
「ユーザー」は、本サービスを利用する者になります。
ユーザーは本サービスを利用した時点で、本規約に同意したものとします。
「ID」「パスワード」は学会バンクから入会を承諾されたユーザーに発行され、本サービスにログインができる、以下「アカウント」といいます。

第1条(利用の申込・承諾)
1.ユーザーは本規約を同意の上、学会バンク所定の申込手続を行います。
2.学会バンクがユーザーに本サービスの利用を承諾した場合に限り、ユーザーは本サービスを利用できるものとします。
3.ユーザー本人以外より申込が為された場合でも、学会バンクはこれをユーザー本人の意思によるものとみなします。
4.学会バンクからユーザーの利用が承諾された場合、ユーザーは本規約の定めにより本規約上の義務を負うものとします。
5.学会バンクは、ユーザーの入会による審査内容を、ユーザーに一切開示しないものとし、ユーザーは学会バンクの審査結果に対して異議申し立てを行わないものとします。

第2条(アカウント)
1.学会バンクは、ユーザーがアカウントを用いて本サービスにアクセスし、為された全ての行為については、全てユーザーの意思によるものとします。
2.アカウントの盗用など、ユーザーに一切過失のない場合であっても、これらに生じた損害について、学会バンクは一切責任を負わないものとします。
3.ユーザーは、アカウントを第三者に盗用されないように管理、防止するものとし、全てユーザーの責任において行うものとします。
4.ユーザーのアカウントが不正に第三者に盗用された場合、ユーザーは学会バンクに対して直ちにその旨を届け出るものとします。

第3条(利用料)
1.ユーザーによる本サービスの利用料は、無料とします。

第4条(個人情報等の取り扱い)
1.学会バンクは、個人情報について、別途に定めるプライバシーポリシーにより、適正に取り扱うことを遵守します。

第6条(個人情報の利用目的)
1.学会バンクは、個人情報を以下の各号に該当する場合において利用できるものとします。
(1)本サービスにユーザーとして登録する場合
(2)本規約または本サービスの変更に関する案内を通知する場合。
(3)本サービスの調査、分析、新たなサービスを開発する場合。
(4)本サービスに関して緊急連絡を要する場合。
(5)法令の規定に基づく場合。
(6)ユーザーから事前に承諾を得た場合。

第7条(第三者への委託)
1.学会バンクは、本サービスに関する業務の一部または全部を、ユーザーから事前に承諾を行うことなく、任意のある第三者に委託できるものとします。

第8条(本サービス・規約の変更)
1.学会バンクは、ユーザーに対する事前の承諾を得ることなく、本規約または本サービスの内容を変更することができるものとします。
2.学会バンクは、本規約または本サービスの内容を変更した場合、変更後の内容を学会バンク所定の方法によりユーザーに通知するものとします。
3.学会バンクは、ユーザーに対する事前の承諾を得ることなく、本サービスの一部または全部を変更または廃止することができるものとします。
4.本規約または本サービスの内容が変更された場合、変更後の内容が適用されるものとします。

第9条(禁止事項)
1. ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
(1)学会バンクまたは第三者の著作権、商標権、その他の権利を侵害する行為。
(2)学会バンクまたは第三者の財産およびプライバシーを侵害する行為。
(3)学会バンクまたは第三者に不利益および損害を与える行為。
(4)学会バンクまたは第三者の名誉、信用を毀損し、誹謗中傷する行為。
(5)他者の名義を用いるなどして、他者になりすまして本サービスへの申込み、または利用する行為。
(6)不正な手段により本サービスにアクセスする行為、また保存されている個人情報を不正に利用、改ざん、または破壊する行為。
(7)犯罪行為またはそれを誘発、および挑発する行為。
(8)前各号に該当するおそれがあると学会バンクが判断する行為。
(9)その他、学会バンクが不適切と判断する行為。

第10条(権利譲渡の禁止)
1.ユーザーは、ユーザーとして有する権利および義務の一部または全部を第三者に譲渡、または担保にするなど一切の行為をしてはならないものとします。

第11条(損害賠償)
1.ユーザーが本規約の各条項のいずれかに違反したことにより、学会バンクまたは第三者に損害を与えた場合には、学会バンクまたは第三者が被った損害を、賠償する責任を負うものとします。

第12条(反社会的勢力排除)
1.学会バンクおよびユーザーは、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋など、または特殊知能暴力団などその他これらに準ずる者に該当しないこととします。また、次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。
(1)暴力団員などが経営を支配していると認められる関係であること。
(2)暴力団員などが経営に実質的に関与していると認められる関係であること。
(3)暴力団員などに対して資金などを提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係であること。
(4)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員などと社会的に非難されるべき関係であること
(5)自己、自社、第三者の不正の利益を図る目的、または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員などを利用していると認められる関係を有すること
2. 学会バンクおよびユーザーは、自らまたは第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行なわないものとします。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
(4)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(5)その他、前各号に準ずる行為
3. 学会バンクおよびユーザーは、相手方が前二項のいずれか一にでも違反した場合は、相手方の有する期限の利益を喪失させ、自己の債務の弁済を要せず、通知または催告などの手続を要しないで直ちに、相手方と締結した全ての規約を解除し、一切の取引を停止することができるものとします。
4. 学会バンクおよびユーザーは、前項に基づく解除により相手方が被った損害について、一切の義務および責任を負わないものとします。

第13条(解約)
1. ユーザーは、学会バンクが指定する方法により、本サービスに関する規約を解約することができるものとします。
2. ユーザーは、解約手続きが完了した場合、本サービスに関する規約の解約が成立するものとします。

第14条(本サービスの提供の停止・本規約の解除)
1. 学会バンクは、ユーザーが次の各号のいずれかに該当する場合には、通知、催告をせず直ちに本サービスの提供の一部または全部を停止し、もしくは本規約を解除することができるものとします。
(1)第9条に定める行為を行ったとき。
(2)仮差押、差押などの処分を受けたとき。
(3)民事再生手続、破産、会社更生などの申立てを行いまたは第三者により申立てられたとき。
(4)学会バンクの本サービスの提供に支障を及ぼしまたは及ぼすおそれのある行為をしたとき
(5)申込にあたって虚偽の事項を記載したことが判明したとき。
(6)法令に反する行為を行ったとき、過去に同様の行為を行っていたことが判明したとき。
(7)資産、信用、支払能力などに重大な変更を生じたと学会バンクが認めたとき。
(8)法人格、役員または幹部社員が民事訴訟または刑事訴訟の対象となり、学会バンクに不利益を与えたとき。
(9)被後見人、被保佐人または被補助人の宣告を受けたとき。
(10)手形または小切手の不渡りが発生したとき。
(11)連絡が不通となったとき
(12)解散決議をしたときまたは死亡したとき。
(13)その他、学会バンクがユーザーに対して本サービスを提供することが不適当と判断したとき。
2. 学会バンクは、本サービスの一部または全部の提供を停止したこと、もしくは本規約を解除したことによりユーザーに損害が生じた場合でも一切責任を負わないものとします。

第15条(秘密保持)
1.ユーザーは、本サービスの利用に関連して知り得た学会バンクの業務上、技術上、その他秘密情報を第三者に一切開示、漏洩しないものとします。

第16条(通知)
1. 学会バンクからユーザーへの通知は、電子メールの送信、その他学会バンクが適切と判断する方法により行うものとします。
2. 通知が電子メールの送信による場合は、送信された時点で本サービスユーザーに到達したものとみなすものとします。
3. ユーザーが通知を確認しなかったことにより不利益を被ったとしても、学会バンクは一切責任を負わないものとします。

第17条(免責)
1. 学会バンクは、ユーザーが本サービスの利用によって以下の各号に該当するいかなる損害について、一切責任を負わないものとします。
(1)ユーザーの本サービスの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負わないものとします。
(2)本サービスが全ての情報端末に対応していることを保証するものではないものとします。本サービスの利用に共通する情報端末のOSのバージョンアップに伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザーはあらかじめこれを了承するものとします。
(3)ユーザーの過失行為によってユーザーに生じた損害は、一切賠償する責任を負わないものとします。
(4)学会バンクは、本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性および不具合が生じないことについて、何ら保証しないものとします。
(5)学会バンクは、ユーザーが本サービスを利用したことにより直接的または間接的にユーザーに発生した損害について、一切賠償責任を負わないものとします。
(6)学会バンクは、ユーザーまたは第三者に発生した機会逸失、業務の中断その他いかなる損害に対して、一切の責任を負わないものとします。
(7)ユーザーは、他社のサービスストアの利用規約、および運用方針の変更などに伴い、本サービスの一部または全部の利用が制限される可能性があることをあらかじめ了承するものとします。
(8)ユーザー同士間での紛争およびトラブルについて、学会バンクは一切責任を負わないものとし、学会バンクに一切の請求をしないものとします。
(9)ユーザーの行為により、第三者から学会バンクが損害賠償などの請求をされた場合には、ユーザーの費用(弁護士費用)と責任で、これを解決するものとします。学会バンクが、第三者に対して損害賠償金を支払った場合には、ユーザーは、学会バンクに対して当該損害賠償金を含む全額の費用(弁護士費用および逸失利益を含む)を支払うものとします。
(10)学会バンクは、通信回線やスマートフォンなどの障害などによる、本サービスの中断・遅滞・中止により生じた損害、その他本サービスに関してユーザーに生じた損害について、一切責任を負わないものとします。
(11)学会バンクは、内乱、火災、洪水、地震、その他の自然災害または政府の規制など、学会バンクの支配することのできない不可抗力が生じた場合により、本規約の履行の遅滞または不履行が生じた場合であっても一切責任を負わないものとします。

第18条(本サービスの廃止)
1. 学会バンクは、学会バンクの判断により本サービスの一部または全部を廃止することができるものとします。
2. 学会バンクは、本サービスの一部または全部を廃止するときは、ユーザーに対し、廃止する日の 3ヶ月以上の猶予をもって通知するものとします。
3. 学会バンクは、本サービスの一部または全部が廃止したことにより、ユーザーに損害が生じた場合でも一切責任を負わないものとします。

第19条(決済代行)
1.学会バンクは、本サービスを通して利用される決済を一括して代行し、学会運営会社へ送金するものとします。

第20条(お問合せ)
1.ユーザーは、学会バンクに対して本サービスに関する問合せを行う場合、学会バンク所定の方法により問い合わせるものとします。

第21条(有効期間)
1.本規約の有効期間は、本規約締結日から1年間とする。ただし、期間満了の2ヶ月前までに学会バンクおよびユーザーの一方から他方に対し、本規約を終了する旨を通知しないかぎり、さらに1年間延長されるものとし、その後も同様とするものとします。

第22条(管轄裁判所)
1.本規約に関する訴訟などの法的手続については、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
					
学会バンク 学会管理ツール利用規約

学会バンク学会管理ツール利用規約(以下「本規約」という)は、マーカーネット株式会社(以下「甲」という)がインターネット上で提供するサービス「学会バンク」(以下「本サービス」という)の利用を希望する申込者(以下「乙」という)は本サービスを利用するにあたり、本利用規約に同意する必要があり、本サービスを利用した時点で、本利用規約に同意し本サービスの利用規約が成立したものとします。

≪本則≫

第 1 条(利用の申込・承認)
1.乙は本規約を承諾の上、甲所定の申込手続を行い、甲が乙に対してアカウントID(以下「ID」という)・パスワード(以下「PW」という)を発行し、甲が本サービスの利用を承認した場合に利用できるものとします。
2.本サービスは、法人格を有する者、または事務所を保有し、事業の経歴のある個人事業者のみが利用できるものとします。
3.乙から本サービス利用による甲所定の申込手続が為された場合、仮に申込手続された本人以外より為された場合でも、甲はこれを申込手続された本人の意思によるものとみなし、本サービスの利用が甲により承認された場合、乙は本規約の定めに関して規約上の義務を負うものとします。

第 2 条(ID・PW)
1.甲は、乙に対してID・PWを発行し割り当てて登録する。
2.甲は、乙がID・PWを用いて本サービスにアクセスした上で為された全ての行為については、全て乙の意思により為されたものとします。仮にID・PWの盗用等、乙に一切過失のない場合であっても、これらに生じた損害について、甲は一切責任を負わないものとします。
3.乙は、前項のID・PWを第三者に認知されないように管理するものとし、盗作されないよう防止する措置は乙の責任において行うものとします。
4.ID・PW が不正に用いられ利用された場合、乙は甲に対して直ちにその旨を届け出るものとします。

第 3 条(利用開始)
1.乙の本サービス利用開始月は、甲が乙にID・PWを通知した日、または甲が本サービス利用の承認を通知した日の、それぞれに属する月とします。

第 4 条(権利の譲渡)
1.乙は、ID・PW を用いて本サービスを利用する権利を、第三者へ譲渡、または貸与することはできないものとします。

第 5 条(報告の義務)
1.乙は、本サービスの申込時に本サービスに登録した情報に誤りが生じた場合は、甲所定の方法で甲に対し速やかに届け出るものとします。

第 6 条(サービスの利用)
1.乙は、本サービスの利用において、利用のルール、円滑なシステムの導入、操作方法等を遵守し、本サービスの利用に努めるものとします。
2.甲は、乙に対して予告なく本サービスで提供する機能を追加、縮小、または変更することができるものとします。また、本サービスの提供を終了する場合は、乙に対して3ヶ月以上の猶予もって告知または通知を行うものとします。
3.甲は、本サービスを運営するための点検、システム保守、障害の復旧等により、本サービスを停止することができるものとします。この場合、本サービスの画面上や電子メール等での告知を行うものとします。
4.甲は、本サービスにとって有益と判断した場合、乙の要望に合わせた本サービスにおけるシステムのカスタマイズを受けるものとします。
5.乙が、本サービス、オプションサービスの全部または一部を解約する場合、または甲が提供を終了する場合、乙は本サービスの利用による登録情報のバックアップを自身の責任において行うものとします。解約後、甲は乙の登録情報の全てを削除できるものとし、 削除により乙が損害を被ったとしても、甲は一切その責任を負わないものとします。

第 7 条(禁止事項)
1.乙が本サービスを利用するにあたり、以下の事項を行ってはならないものとします。
(1)不正な手段により本サービスにアクセスすること、また保存されている登録情報を不正に利用、改ざん、または破壊すること
(2)他者の名義を用いるなどして、他者になりすまして本サービスへの申込み、または利用すること
(3)甲、または第三者に誤解等を与え、その業務を妨害すること
(4)本サービスの模倣、または著しく類似したサービスを販売、提供、または勧誘すること
(5)事前に甲の許可なく本サービス上のコンテンツ、または複製し、第三者に公開、表示すること

第 8 条(情報の作成・表示)
1.乙は、本サービスによる情報の作成、および表示をするにあたり、以下の事項を遵守するものとします。
(1) 情報の作成・表示にあたる、本サービスにおける甲所定の規則
(2) 特定商取引に関する法律、景品表示法、その他商取引や表示に関する法令
(3) 著作権、肖像権、商標権、その他知的財産権の保護に関する法令
2.甲は、乙が前項に違反した場合、その他乙の作成した内容が本サービスにふさわしくないと判断した場合、乙に対して内容の変更を求めることができるものとします。また、乙が甲の求める内容に従わない場合、甲は乙の本サービス利用を停止することができるものとします。

第 9 条(秘密保持義務)
1.甲は、本サービスの提供者として、乙の本サービス上の登録情報、内容、情報に関し、甲が予め公表する「個人情報保護方針」のもと、適切に保護するものとします。
2.乙は、本サービス上の情報、および本サービスを通じて得た情報を善良なる管理者の注意のもと取扱い、当該期間中はもとより期間終了後においても本サービス利用における取引の直接の当事者以外の第三者に開示・漏洩してはならず、また、本サービス以外の目的に利用してはならないものとします。

第 10 条(免責)
1.甲は、乙が本サービスの利用に関して被った損害について、甲の過失の有無に拘わらずその損害を賠償する責任を負わないものとします。
2.甲は、本サービスを安定かつ継続的に運用・管理することに努めるものとします。但し天災や停電等の不可抗力、システムの変更、または保守作業その他一切の事情により、システムを一定の期間停止させる場合があることを乙は予め承諾し、システム停止による損害があっても、その補償等を甲に請求しないものとします。
3.甲は、乙がその他の第三者との間で生じた紛争に対し、一切関与しないものとします。万一、甲が乙の取引先から、乙に関係するクレームの対応、または損害賠償等の支払を求められた場合、乙は、そのために要した弁護士費用、その他賠償金を含む一切の経費を、甲に支払うものとします。
4.甲は、乙が本サービスを利用するために使用するPC等の機器、またはインターネット回線を含む他社提供のサービスに対する問題が生じても、一切の対応を行わず、問題の解決を保証しないものとします。

第 11 条(損害賠償)
1.乙が本規約に違反したことにより甲が損害を被った場合は、乙は当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第 12 条(反社会的勢力排除)
1.甲および乙は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、または特殊知能暴力団等その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」という。)に該当しないこととします。また、次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。
(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3) 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(4) 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
(5) 自己、自社、第三者の不正の利益を図る目的、または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
2.甲および乙は、自らまたは第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行なわないものとします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
(4) 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(5) その他、前各号に準ずる行為
3.甲および乙は、相手方が前二項のいずれか一にでも違反した場合は、相手方の有する期限の利益を喪失させ、自己の債務の弁済を要せず、通知または催告等の手続を要しないで直ちに、相手方と締結した全ての規約を解除し、一切の取引を停止することができるものとします。
4.甲および乙は、前項に基づく解除により相手方が被った損害について、一切の義務および責任を負わないものとします。

第 13 条(解除)
1.甲は、乙が以下のいずれかの事由に該当した場合、またはその可能性があると甲が判断した場合は、乙の期限の利益を喪失させ、通知、または催告等なく直ちに本サービスの提供規約を解除でき、解除により生じた乙の損害について一切責任を負わないものとします。
(1) 乙が本規約の各条項に違反したとき
(2) 手形または小切手の不渡りが発生したとき
(3) 解散または営業停止となったとき
(4) 行政当局による注意または勧告を受けたとき
(5) 差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行、または滞納処分の申し立てを受けたとき
(6) 破産、民事再生、会社更生、特別清算またはこれに類似する法的整理手続開始の申立て、およびそれに類する乙または乙の代理人からの通知があったとき
(7) その他乙の信用状態に重大な変化が生じたとき
(8) その他、法律に反する行為を行なったとき
2.甲は、前項各号にかかわらず、乙の本サービス利用の継続が困難と認めたときは、乙に対し書面による通知の上、本サービスの提供を停止し、本規約を解除することができるものとします。

第 14 条(決済代行)
1.本サービスを通して利用される決済は、甲から乙へ手数料を引いた金額を送金するものとします。

第 15 条(有効期間)
1.本規約の有効期間は、本規約締結日から1年間とする。ただし、期間満了の2ヶ月前までに甲乙の一方から他方に対し、本規約を終了する旨を書面をもって通知しないかぎり、さらに1年間延長されるものとし、その後も同様とする物とします。

第 16 条(規約の変更)
1.甲が本規約の内容を変更する場合、甲は乙に対し、1ヶ月以上の猶予期間をおいて事前に通知します。乙は、変更内容に異議ある場合は、当該猶予期間内に限り本規約を解除することができるものとします。

第 17 条(誠実協議義務)
1.本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義が生じた場合は、甲乙協議の上、誠意をもってその解決にあたるものとします。

第 18 条(管轄裁判所)
1.本規約に関する訴訟等の法的手続については、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。